支部活動

支部区分図

<支部活動の目的>

地域包括ケアシステムの構築が進められるにあたり、地域の看護職が一体的に情報収集、分析、発信を行い、地域の医療・介護提供体制構築になくてはならない存在として積極的に関わっていけるよう、看護職のネットワークの構築を図るとともに地域へ看護の心を普及する。

<運営方針>

支部の役員は、支部領域で活動する看護職(会員、非会員に問わず)に対して富山県看護協会の組織や活動内容の周知を図る。

<活動内容>

1 支部研修会

目的

看護職等を対象として、最新の知識や情報を提供し、看護の質の向上を図る。

また、支部の地域内の医療機関や介護保険施設等で活動している看護職同士がネットワークを強化し、他職種を交えて互いに連携がとれるチーム構築を目指す。

活動予定 


2 「敬老の日」を中心とした支援活動

目的

超高齢社会における看護活動の一環として、地域に在住する高齢者及び地域団体への看護支援を通して、地域看護活動の推進を図る。


活動予定 


3 「まちの保健室」

目的

地域住民が、専門の看護職によって身近に看護に関する相談・支援を受けられる場の定着を図る。


活動予定 


4 「看護の日」及び看護週間における「1日まちの保健室」

目的

「看護の心をみんなの心に」をメインテーマとして、県民の身近なところで、看護職による専門的支援活動(看護の相談・指導・実践等)を展開し、住み慣れた地域で最期まで暮らせるよう看護師たちが本人・家族を支援していることを啓発する。


活動予定 


訪問看護ネットワークセンター
eナースセンター
とどけるん
キャリナース
施設用WEB