届出

届出制度※とは、保健師・助産師・看護師・准看護士の免許を持ちながら、その仕事に就いていない方に、氏名や連絡先などを都道府県ナースセンターへ届けていただく制度です。
富山県ナースセンターは、届出情報をもとに離職中の看護師等の方とつながりを持ち、それぞれの状況に応じて、復職に向けた研修、無料の職業紹介、相談員によるアドバイスや情報提供等の支援を行います。
※「看護師等の人材確保の促進に関する法律」が改正され、平成27年10月1日から施行されました(届出は努力義務)

届出の努力義務化施行後の新たなナースセンターによる支援体制

届出の努力義務化施行後の新たなナースセンターによる支援体制

 届出制度を活用した支援のメリット 

潜在化の防止に役立つ
届出を行った離職者への支援を充実させ、潜在化する看護師の減少が期待できる。

届出のタイミング(対象者)

  • 病院等を離職した場合
    (病院等:病院、診療所、助産所、介護老人保健施設、指定訪問看護事業を行う事業所)
  • 保健師、助産師、看護師、准看護師、の業に従事しなくなった場合
  • 免許取得後、直ちに就業しない場合
  • 現在、業務に従事していない場合

届出方法

  1. 看護師等の届出サイト「とどけるん」から登録(スマートフォン・パソコン等)する

  2. 富山県ナースセンター窓口へ届出票を提出する
    届出票」をダウンロードし、富山県ナースセンターへ郵便または持参してください。

    【提出先】
     〒930-0885富山市鵯島字川原1907-1
     富山県ナースセンター

  3. 離職時などに就業先が本人に代行して届け出る
    代行届出の詳細はこちらをご覧ください

訪問看護ネットワークセンター
eナースセンター
とどけるん
キャリナース
施設用WEB